お気軽にお問い合わせください TEL:03-3918-3933 メールでのお問い合わせも受け付けております
デュコルのできること

メンテナンス・保守管理に関すること

メンテナンス・保守管理に関すること

集塵設備は一般的には付帯設備と言われて、生産設備と異なりお金をかけても生産に寄与しません。しかし、作業環境や周辺環境に対する対応をおろそかにしてしまうと、そこで働く社員のモチベーションは下がり、良い仕事ができません。汚染された環境では、製品に塵や埃が付着したり、それが不良品の原因になる可能性もあります。 集塵設備は生産設備同様に重要な設備なのです。日常点検はもちろんのこと、定期点検、メンテナンスはとても大切な業務なのです。

局所排気装置、プッシュプル型換気装置及び除塵装置等については、1年以内ごとに1回、定期に自主検査を行うよう法令で義務づけられています。

粉塵障害防止規則 http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-2/hor1-2-37-4-0.htm

メンテナンスとは

従来メンテナンスとは、設備の劣化に対して故障した部分を補修(部品交換・修繕)することに力点が置かれていました。 補修(部品交換・修繕)を施すことは重要な事ですが、故障に至る前にその兆候を検知するといった、設備診断(点検)も補修(部品交換・修繕)以上にとても大切な事柄となっています。

最近ではメンテナンスコストの削減に目を奪われるあまり、メンテナンスをきちんと行うという認識が薄れ、メンテナンスを先送りにしたり、中途半端な知識で対応し安全確保・環境保持といった観点から危険であるばかりか、いずれかかる費用を先送りしているだけです。 ダメージが大きくなってからメンテナンスにとりかかる事になり、結果として余計にコストが発生するこよになります。 設備管理すなわちメンテナンスは、工場の重要課題の1つと考えて頂ければと思います。

メンテナンスの役割

設備のメンテナンスは、基本となる設備診断(点検)計画をたて、それにしたがって設備診断(点検)を行い、その結果により適切な処置、すなわち補修(部品交換・修繕)を施します。 この一連の流れが認識できれば、再び設備診断(点検)計画といったサイクルに戻る事になります。

設備診断(点検)

局所排気装置・除塵装置・プッシュプル換気装置・排ガス処理装置は、労働安全衛生法において1年以内に定期自主検査を実施することと、その記録を3年間保管しておくことが義務づけられています。
事業者は、作業環境の保全を行い、作業者の健康を維持するためにも必ず実施しなければなりません。
デュコルでは、定期自主検査の代行業務を行い記録を提出させて頂きます。 また、設備診断(検査)結果から設備を最適に御使用頂く為の改善提案も実施致します。

・設備診断(点検)を定期化する事の利点
※不具合部分を事前に検知し、余計なコストが発生しない様に予防できます。
※設備診断(点検)結果から、消耗部品の交換時期を推測する事により、設備を円滑に使用できます。
※設備診断(点検)結果から、改善の御提案を行い補修(部品交換・修繕)工事も実施致します。
※ISOを取得されている企業様には、設備管理記録として設備診断(点検)報告書が代用できます。

設備診断(点検)をしないで設備を使用した事例

腐食損傷ダクト点検口が腐食損傷
腐食穴多数ダクト表面に小さな腐食穴が多数
吸引物堆積装置本体内部に吸引物が堆積
ダクト内部閉塞ダクト内部が閉塞
異物堆積操作本体内部排出装置に異物が堆積
防振ジョイント裂傷防振ジョイント(キャンパス)が裂傷
排風機ベルト損傷排風機ベルト損傷
排風機羽根車腐食排風機羽根車腐食

補修(部品交換・修繕)

点検
改善例
異物堆積装置本体内部突起物の影響で異物が堆積している状態を点検で発見
矢印修繕
研磨補修異物除去清掃後、突起物を研磨補修し正常稼働状態へ
金属疲労による裂傷ダクトが金属疲労により裂傷している所を点検で発見
矢印修繕
修繕後裂傷部を溶接で再生し、補強材を取り付け強度UP
摩耗による損傷ダクトが摩耗により損傷している箇所を点検で発見
矢印修繕
補強板取り付け損傷個所の上から補強板を取り付け
閉塞ダクト内部に異物が混入し閉塞している状態を点検で発見
矢印修繕
異物除去清掃異物除去清掃後、ダクト内部を適正な風量に調整実施
フィルタ目詰まり装置本体内部のフィルタが目詰まりしている状態を点検で発見
矢印部品交換
新規フィルタ交換新規フィルタに交換をし装置本体を適正な状態に
摩耗状態排出装置チップ材の摩耗状態を点検で発見
矢印部品交換
交換新規チップ材に交換をし装置本体を適正な状態に
フィルタ目詰まり装置本体内部のフィルタが目詰まりしている状態を点検で発見
矢印部品交換
新規フィルタ交換新規フィルタに交換をし装置本体を適正な状態に

メンテナンス・保守管理に関する事例